1,17 ガチヨミ ~ガチの読書化が集うサイト~ TOP

書評

ユーザー名

user_name

作品名

sakuhin_name

評価


0 投げ銭:


  ★★★ 総合評価:
      星平均:
 ★★★★ タイトル:
 ★★★★ キャラクターの魅力:
      書き出し:
 ★★★★ 中盤:
   ★★ 終盤・結末:
 ★★★★ 読みやすさ・リズム:
  ★★★ 文体の美しさ・描写力:
  ★★★ 感動(涙):

総評

全体的に流れる雰囲気は好きでこの世界に浸りたいな、と思いましたが、惜しむらくは終盤と結末。ここをもう少ししっかり書いた方が良いと思います。


タイトル・あらすじ

タイトルは興味を惹かれる良いタイトルだと思いました。


ストーリー・設定

「誰にでも好かれる魔法」を通した、もりおとユーマの成長ストーリーと読みましたが、それぞれの女性の視点からのストーリーもあり面白かったです。 ただ、佐賀の設定は残念です。


キャラクターの魅力

もりお、ユーマはとても魅力的に書かれていると思います。特にユーマは一番良かったと思います。 アサミも魅力的。その他の人物もまずまず。 ただ、リサはかなり描写不足を感じました。最初と最後に出てくる重要な登場人物だと思うので、非常に残念。 そのため物語の終盤がかなり薄いイメージになってしまいました。


書き出し

書き出しは良い感じで引き込まれました。 ただ、序盤で佐賀県の独立がいきなりなり出てきて唐突すぎる感があり。こんな大ごとが起きてるのに、普通に中盤のエピソードが進んでいるのは違和感がありました。 ただ中盤自体は、女性の登場人物視点の描写は面白く、グイグイと読み進みました。


終盤・結末

終盤にかけて、「誰にでも好かれる魔法」が実は素晴らしいことばかりではないということが分かり始めてくるのは、うまいなと思います。 ただ、リサの描写不足は物語を薄くして、最後は終わり急いだ感を持ちました。 またP205の「おしまい」までを結末とすると、非常に尻切れとんぼで、唐突に終わった感があります。 P207「おまけ」まであって初めて物語が本当に終わったと思いました。 ですので「おまけ」ではなく、本編に入れるべきと感じました。 女性の登場人物を少し減らして、その分をリサの人物描写とエピソードを深く書いた方が良いのではないでしょうか。


読むのをやめたくなった箇所1

特にないです。


省いたほうが良い箇所

佐賀県の独立とリサのところは、うまく作れば、もしかしたらなくても成り立つのかな、とも思いました。


伏線の使い方

0


読みやすさ・リズム

中盤から後半にかけては、読みやすいしリズムも良いと思います。ただ、前半は「、」の付け方がおかしなところがあり気になりました。 例えばP8の1行目「?引きこもりの務めだ、何かわからない?」は「。」では? 次の行も「?読んで行く、文章を読む?」も「。」では? 序盤は特に多く気になりました。 あとは漢字の誤変換も気になりました。 本文には関係ないところですが、これだけで読むリズムが崩れるので、もったいないと思います。


参考になりそうなお勧め書

0


心に残った一文

0


あなたはこの本をどんな人に勧めたいですか?

まだ勧めるまではいかないです。すみません。


この本をより良くするためのアドバイス

中盤のボリュームを見直して、終盤の描写を増やした方が良いと思います。また、目次はあっ方が良いと思いました。


冗長

終盤とリサの描写。


作家にメッセージ

もう少しブラッシュアップするともっと良くなると思います。頑張ってください。



Copyright - ガチヨミ ~ガチの読書化が集うサイト~, 2018 All Rights Reserved.