2,27 ガチヨミ ~ガチの読書化が集うサイト~ TOP

書評

ユーザー名

user_name

作品名

sakuhin_name

評価


300 投げ銭:


 ★★★★ 総合評価:
      星平均:
    ★ タイトル:
  ★★★ キャラクターの魅力:
 ★★★★ 書き出し:
 ★★★★ 中盤:
★★★★★ 読みやすさ・リズム:
 ★★★★ 文体の美しさ・描写力:
  ★★★ 喜び、満足感、幸福感:
 ★★★★ 感動(涙):

総評

非常に良かったです。諸々の設定にツッコミどころは多々あるのですが、この短さにまとめている事により、むしろそのツッコミどころは余白として読み手の想像力をかきたてます。ただ主人公の名前が、物語のひとつの重要なキーワードなのですが、どうしても違和感があり、このシリアスな物語を妙にファンタジックなものにしている気がします。 命のやりとりという、かなり重い命題が主軸にあり、それを取り巻く物語もしっかりしているのに、この名前による母親との確執というエピソードが、とても浮いた感じがしてしまい残念です。話全体の流れが「死」から「生」へと変わっていくのですが、最後の「おとうさん、生きよう」は、自ら死を選んだ少女の言葉にしてはあまりにも軽いのではないでしょうか。もう少し、「生」の部分をしっかり描けていたらより良かったと思います。


タイトル・あらすじ

タイトルは、もう少し考えた方が良いと思います。内容のシリアスさと結びつかない。あらすじはすごく良いです。


ストーリー・設定

総評にも書きましたが、設定に余白が感じられて良いと思います。


キャラクターの魅力

短いページ数なので、仕方ないと思いますが、主人公だけがクローズアップされているように感じます。


書き出し

導入が良い。何が始まるんだろうとドキドキします。あえて多くを語らないところが良いです。ただ、たいまつバンクの説明が入るところが、ちょっとゲームっぽいですね。なんかシリアスさに欠ける。


終盤・結末

良いです。ただ総評にも書きましたが、「生」の部分がちょっと弱いと思います。


読むのをやめたくなった箇所1

ないです


伏線の使い方

すごく良いと思います。最後に母親の命が提供されるところがすごく良かった。


読みやすさ・リズム

読みやすいです。会話の感じも良い。


描写

問題ないと思います。情景描写は特に美しいですね。心理描写は、もう少しという感じです。


参考になりそうなお勧め書

すみません、思い浮かびません。


心に残った一文

特にありません


あなたはこの本をどんな人に勧めたいですか?

ショートストーリー好きな人


この本をより良くするためのアドバイス

淡々としたスタイルと、感情のディープさのバランスがもう少し洗練されていると良いかなと思いました。


冗長

加奈子ちゃんの自殺理由や、再び目覚めてからコロッと態度が変わるところ。もう少し、自殺とは重いものなのでは? とぬ


作家にメッセージ

良いと思います。面白かったです。長編も読んでみたいです!



Copyright - ガチヨミ ~ガチの読書化が集うサイト~, 2018 All Rights Reserved.