2,31 ガチヨミ ~ガチの読書化が集うサイト~ TOP

書評

ユーザー名

user_name

作品名

sakuhin_name

評価


100 投げ銭:


  ★★★ 総合評価:
      星平均:
  ★★★ タイトル:
   ★★ キャラクターの魅力:
  ★★★ 書き出し:
  ★★★ 中盤:
 ★★★★ 読みやすさ・リズム:
 ★★★★ 文体の美しさ・描写力:
  ★★★ 喜び、満足感、幸福感:
   ★★ 感動(涙):

総評

とても読みやすい綺麗な文章で、すぐに物語に引き込まれました。 命の大切さ、家族の大切さがたいまつバンクを通して上手く書かれていたと思います。


タイトル・あらすじ

良いタイトルだと思う。 あらすじも読んでみたいと強く思う内容でした。


ストーリー・設定

面白かったです。 命がいらない人がいる一方で、命が欲しい人は沢山いる。そこを表現するのはなかなか難しい事と思いますが、上手く書かれていたと思う。


キャラクターの魅力

このページ数では難しいと思いますが、主人公以外のキャラクターの思いや考えが、もう少しあった方が感情移入できたと思う。 真臼はあまり好きにはなれないが、よくいる父親だと思う。


書き出し

書き出しは直ぐに引き込まれました。たいまつバンクとはが書かれてあり、誰もがこんなところがあればと願うとおもいます。 序盤は真臼の人間性の紹介。とてもわかりやすく、感情移入しました。 中盤ではこの先どの様になってしまうんだろというドキドキ感が増して一気に読んでしまいました。


終盤・結末

最後は少し先が読めてしまって、残念な感じでした。


読むのをやめたくなった箇所1

なし。


伏線の使い方

真臼のお母さんのエピソードがもう少し感情移入できたらなぁと思いました。


読みやすさ・リズム

とても読みやすかったです。


描写

すぐに物語に引き込まれたので、描写力は素晴らしいです、


参考になりそうなお勧め書

東野圭吾の人魚の眠る家


心に残った一文

まったく親は何してんだ


この本をより良くするためのアドバイス

娘の死を傍観している所が、何か違う気がした。後で凄い後悔しているが頭の片隅に生き返えらせる事が実現できるだからという思いがあったんではないかと思わせた。


冗長

最後と娘が、たいまつバンクにきて命がいらないとわかった時の真臼の反応。


作家にメッセージ

たいまつバンクであと3本ぐらい読みたいです。このお話は光って感じたんですが、闇的な物語もありなんじゃないかなと。 贅沢で勝手なリクエストですみません。 そして、書評を好き勝手に書かせていただきました。 素晴らしい作品を読ませて頂きありがとうございます。



Copyright - ガチヨミ ~ガチの読書化が集うサイト~, 2018 All Rights Reserved.